So-net無料ブログ作成
検索選択

そろそろ! [読書]

もうすぐ!

毎日が日曜日!?

我が家の図書館!

s-P1180663.jpg

朝から夜遅くまで『 読書三昧!』 

???

できるかな~~?


美しい日本語! [読書]

とてもわかりやすい!

世にも美しい日本語入門

安野 光雅 著 , 藤原 正彦

小学校の師弟の関係であり

美術大家と数学家であり国語の大事さを語り合うお二人!

七五調のリズムから高度なユーモアまで、古典と呼ばれる文学作品には、

美しく豊かな日本語があふれている。若い頃から名文に親しむ事の大切さを、熱く語り合う。

 

世にも美しい日本語入門.jpg
 
現在の自分たちが一番賢く、偏見がなく、判断力もある?
 
ところが、明治、大正、戦前の昭和の人々!
 
また、江戸時代末期の本を次々と読むと
 
次第にコンプレックスを感じてしまいます。
 
 
日本語が、漢字、かな、カタカナ、いまではアルファベットを混じえた文化!
 
これほどの言葉文化を持つ国はどこにもないと言える!
 
この本!¥700.-
 
とても安いと思います!

 

 


11月の詩! [読書]

谷川俊太郎さん!
 
P1160754.jpg
 
                                          朝日新聞 2011/11/7 夕刊
 
 
 
 
 

6月の詩 谷川俊太郎 [読書]

P1130051.jpg
 
『 ありがとう!」』
がいえない人の多いこと!
心の底から言える人でいたい!
 

言葉 [読書]

5月の詩
こころ
 
P1120014.jpg
 
 
 

本棚 [読書]

 
毎週日曜日の朝
NHKラジオで流れてくる
落合恵子の絵本の時間
 「はるねこ」
かんのゆうこさん作
絵本_はるねこ_かんのゆうこ_c.jpg
とってもかわいらしく
思いやり溢れる絵本です!
絵本は
男女、老若、世界、宗教
区別がありません!
 
P1110938.JPG
 
 
本棚の様子
絵本のコーナー です!
 
今度の連休で整理します!!
きちんと!
 

絵本! [読書]

谷川俊太郎さんの絵本
【 クレーの天使 】
 
P1110916.jpg
 
P1110917.jpg
 
P1110919.jpg
 
心にごみだらけの
爺さんは!
感動しました!
 
 

絵本! [読書]

今日のNHKラジオ
【 ラジオビタミン 】を聞いていたら!
【 中島朋子さん 】
 
4705d07c.jpg
 
絵本の紹介で朗読をされていました!
 
優しい声、ホンワカした語り口!
 
こういうお母さんが読み聞かせをして
子供と一緒に絵本を読んだら
感性豊かな、優しいおとなになるだろうな~!
そして
お父さんも一緒にお話をするんだろうな~!
 
P1110740.jpg
 
思い出して
息子、娘が好きだった絵本を出してきました!
 
20年以上前のことを思い出してしまいました!
 
 

読書! [読書]

我が家の
図書館!
 
P1100561.jpg
 
飽きることがない!
 
P1100562.jpg
 
眺めているだけで
満たされた気持ちになります!
 

続きはここをポチッと!


丘の音楽 [読書]

 谷川 俊太郎
毎月「朝日新聞夕刊」に掲載されています。
 
P1090565.jpg
 
私の心が迷子になる
あなたの愛を探しあぐねて
 
どれほど迷子になったことだろうか!

養生訓 [読書]

貝原益軒
養生訓
 
P1090568.jpg
 
貝原益軒
 
 今から300年ほど前の著書
 
右下に
P1090569.jpg
 
『 いてふ本 』
押し印
 

続きはここをポチッと!


懐かしの本! [読書]

『 おじいさんのランプ 』
新美南吉著
棟方志功 挿絵、装丁
 
 
P1090556.jpg
 
地元の作家!
こういう本が大好きです!!

続きはここをポチッと!


手と心 [読書]

1月のある日の
朝刊
 
P1090436.JPG
 
感動を覚えて
手帳にさしいれる

  【 手と心は仲がいい 】

  【 手はときに早すぎる 
   心よりも        】
  
普段!
何気ない生活の中でも
     心と手は葛藤している!    

谷川俊太郎 【 心 】 [読書]

心の色
 
食べたいしたい眠りたい
カラダは三原色なみに単純だ
でもそこにココロが加わると
色見本そこのけの多様な色合い
 
その色がだんだん褪せて
滲んで落ちてかすれて消えて
ココロはカラダと一緒に
もうモノクロの記念写真
 
いっそもう一度
まっさらにしてみたい
白いココロに墨痕淋漓
でっかい丸を描いてみたい
 
                          谷川俊太郎
 
s-IMG021.jpg
 

古典! [読書]

本を読む!
最近は本ではなくて!
液晶を通じて本を読むらしい!
 
s-P1090266.jpg
 
紙の本が素晴らしい!

続きはここをポチッと!


ヨリカカラズ! [読書]

 茨木のり子さん
詩集「倚りかからず」
 
 
P1030463.JPG
                                                        本文には関係ありません!
 
          もはや
         できあいの思想には倚りかかりたくない
          もはや
         できあいの宗教には倚りかかりたくない
          もはや
         できあいの学問には倚りかかりたくない
          もはや
         いかなる権力にも倚りかかりたくはない
          ながく生きて
         心底学んだのはそれぐらい
         じぶんの耳目
         じぶんの二本足のみで立っていて
         なに不都合なことやある
 
         倚りかかるとすれば
         それは
         椅子の背もたれだけ
 


心の色 [読書]

 
いろんな色!
 
P1020952-3.JPG
                                  画像をクリックすると大きな表示でご覧いただけます。
 
食べたいしたい眠りたい
カラダは三原色なみに単純だ
でもそこにココロが加わると
色見本そこのけの多様な色合い
 
その色がだんだん褪せて
滲んで落ちてかすれて消えて
ココロはカラダと一緒に
もうモノクロの記念写真
 
いっそもう一度
まっさらにしてみたい
白いココロに黒痕淋漓(りんり)
でっかい丸を描いてみたい
                        谷川 俊太郎

万葉集_4292X [読書]

 
日本文学は素晴らしい!
 
小さいときから大きな声で
 
【 身体髪膚(しんたいはっぷ)これを父母に受く 、敢えて毀傷(きしょう)せざるは孝の始めなり 】
 
【 玉琢(みが)かざれば器を成さず、人学ばざれば道を知らず 】
 
おのずと心の底にしみわたります。
 
P1030178-2.JPG
                                                    画像をクリックすると大きな表示でご覧いただけます。
 
              うらうらに 照れる春日に 雲雀あがり
                菖蒲(あやめ)うつくし 我が恋めやも
 
                                                 小伴 長持


素直に読む: 素読 [読書]

本を大きな声で読む!
先生の後について大きな声で読む!
論語を2歳の子供が【 諳んじて!!】
 
P1020003.JPG
 
小さいときに声を出して身体に染み付いた言葉は
大きくなるに従い、その頃に覚えた言葉の意味が
じわじわと心に響いてきます!
 

続きを読む


日本文学! [読書]

日本の言葉
五七五
 
懐古園桜.jpg
 
日本の人たちは
【 素数 】
   大好きですね!!
 

続きを読む


武士道 [読書]

新渡戸稲造
【 武士道 】
岩波文庫 青118より
P1000721.JPG
 「 愛、寛容、愛情、同情、憐憫は古来最高の徳として、すなわち
人の霊魂の属性中最も高きものとして認められた。
それは、二様の意味において王者の徳として考えられた。
(中略)
孔子曰く
「君子はまず徳を慎む、徳あらばこれ人有り、
人有ればこれ土あり、土有ればこれ財あり
財あればこれ用あり、
徳は本也、利は末也」
【 敗れたるものを安んじ、傲ぶる者を挫き、
平和の道を立つること これぞ汝が業 】
教えられます!!

塩狩峠 [読書]

 

三浦綾子 「塩狩峠」

photo155097-2.jpg
1966年(昭和41年) 
日本キリスト教団「信徒の友」連載小説
  
私はキリスト教徒ではないのですが、
この小説を何度も読みました。
三浦さんのお話に
「私は犠牲について考えたい!
現代ではいろんな欠けたものが多い。
愛、節、
犠牲にいたっては現代人の辞書にはもう無いかのように
思われる。
【 人の犠牲になるのはいやだ!!】
とか、
「犠牲という言葉に続いて否定の言葉が続けて用いられる。
photo155098.jpg
北海道塩狩峠
「一粒の麦、地に落ちて死なずば、ただひとつにて在らん」

寅年 [読書]

 
 今日は、庭木の剪定で明け暮れて腰が痛い。
腰をさすりながら、縁側で本を読むことにした。
そう!山月記 あの中島 敦です。
 
 
1-118779-c1.jpg
 
きっと、叢から出てきた【 李徴 】はこんな感じでは!!
 
20070729aoi.jpg
 
既に白く光を失った月を仰いで、二声三声咆哮したかと思ふと
また、元の叢に躍り入って、再びその姿を見なかった。
 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。